April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

寂しい後姿

前向いて意気っている人ほど、後姿がとても寂しく哀愁を感じる。
僕も人から「本当にポジティブな人だね!」って言われるけど、
本当はこの船の後姿の様に寂しさを感じているのかもしれない。
カウンターのバーで一人ひょっこりと飲んでいる僕の後姿を
見つけた人は是非、哀愁を感じて、肩もみでもしてください(笑)
最近、図体がでっかくなって繊細なメイク作業で肩こりが激しいのです・
fune

仲の良い二人

カップルが沢山サロンに来られ、ブライダルの打ち合わせなど
仲の良いところを見せ付けられて、うらやましく思う今日この頃(笑)
メイクの仕事は実は控えめに、さりげなく花を添える様な
そんなものなのかもしれない・・・
それにしても自然の風景は、計算されているのかいないのか
さりげなさのバランスがなんとも言えない感動を与えてくれる。
木

マリーナヨットハーバー

昨日まで東京で仕事していたので、ブログも久しぶり・・・
昼夜の温度差が厳しくなってきたところで、9月に撮った海の写真を
季節はずれだけど、なぜか載せてみたくなった。
荒波を超えて一息ついているヨット達とそれを癒すかのような
キレイな夕空と三日月お月様(雲に隠れて見えにくいけど)笑・・・
東京は刺激的だけど、やっぱり和歌山育ちの僕は和歌山の海や空を見ると
ホッとする・・・さぁまた地元でガンバロっと!
ヨット

共に寄り添い、キレイに生きる

通りすがりに、何だかとても微笑ましい花木を見つけた。
大きな木の腕の中で、すくすくと育ってキレイな花を咲かせている。
車から降りて見て見ると、ちっちゃなちっちゃな名も知らない花
なんで人間社会だけが、弱いものイジメをするのだろう・・・
僕は、僕を取り囲む人々と共に寄り添い、キレイに生きたい。
花木

人生のレール

カーブ続きのレールの先は
必ず何かが開ける
それを信じて走り続けるしかない
そんなもんさ、人生のレールも
レール2

人生のレール

何処まで行っても交わる事がない距離感
いつも寄り添い離れることなく
ゴールを探し求めあう・・・
そんな自分と言うパートナーと
今日も仲良く走り続ける・・・
レール

和歌山グッドガールとして

今日は、車やバイクを扱うホームページ会社「グッドカードットコム」http://www.good-car.com の表紙モデルに、当サロンのお客様の写真が選ばれてアップされました。おめでとうございます! hitomi

思い出のさざ波

今日は久しぶりの半休で、故郷のおばあちゃんのお墓参りに行ってきた。少年の頃、両親は仕事が忙しく、おばあちゃんに良く海に連れって行ってもらった。この浅瀬の海岸は夏場、子供のハシャギ声でとてもにぎやかだけど今日は誰一人も居なく、静けさがとっても心地良く、このさざ波を見ながら、腰をおろして思い出にふけってしまった。おばあちゃんの思い出の詰まった故郷は、無口すぎるけどいつまでも僕を優しく包んでくれる・・・ nami

セピア色

今日は初めてセピア色の写真を紹介します。 当スタッフをモデルにして、女性の柔らかな雰囲気を追求しながらシャッターを押しました。控えめで古風な女性が好みの僕は、「色あせたセピア色の写真が似合う様な女性が良いいよね」と常にサロンでみんなに言ってます。普段はオテンバで辛口のスタッフもこんな雰囲気の写真を見ると自分でも照れて大人しくなっていくみたいです(笑) aki

ブライダルメイク検定

昨日は、当スタジオプロコースの生徒さんの検定日でした。
検定中はブラシやライナーが震える程、緊張していましたが、30分と言う時間制限内にナチュラルブライダルメイクの仕上げをしてくれました。
技術は勿論の事、僕のメイクへの思いいれを共感してくれる生徒さんが巣立ってくれることはこの上ない喜びです。本当におめでとう!これからも現場で精一杯頑張って、お客様を喜ばしてあげて欲しいと思います。
hitomi-
<<back|<66676869707172737475>|next>>
pagetop