October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

どんな道を歩もうとあなたの思いと意思で歩いて行こう!

3月のある日、近くの小さな公園に散歩に出かけ

 

マイカメラで撮った。

 

桜たちが、わぁ〜とこれでもかと勢い良く咲き誇る頃は、

 

誰もが一斉に注目をする。

 

でもはかないもので

 

散り終わったあとは、すぅ〜と引き際も早く

 

誰もが全くもって見向きもしなくなる。

 

 

さくらの木々や公園の

 

”存在”する忘れさられる。

 

 

これ人間模様と良く似ている。

 

人気のある時とない時の人の見る目は半端ない。

 

 

 

でも散ったあとの花びらが、

 

土の上で重なりあって温もりあっている姿や

 

花びら散った後から新芽が出てくる葉桜は、

 

淡々と次の季節に向けての準備

 

をする様に感じる。

 

 

わたしたち人間も、咲くときもあれば散るときもあり

 

咲いてもまた次の準備をしなければならないと痛感するのだ。

 

 

どんな人生も咲っぱなしであるはずがない。

 

 

去年よりさらに美しく咲くことへの

 

心構え、準備、意思、覚悟、そして行動。

 

 

月日を重ねるだけで

 

過去の栄光にしがみついている場合ではないのだ。

 

 

周りから全く注目されなくなった桜が

 

凛として淡々と、やることだけをする。

 

この潔さを見習い、次へのステップにしたいと

 

僕は、毎年葉桜を見てそう思う。

 

 

あなたは、あなたで

 

どんな道を歩もうと

 

たとえ誰からも見向きされなくなっても

 

あなたの思いと意思を

 

持って歩けば

 

 

過去よりもずっと美しい花を

 

咲かせられるに違いない。

 

 

 

化粧師秀のひとりごとでした。

 

pagetop