September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

小椋誠也 椿〜ツバキ〜

 

椿 〜ツバキ〜

花の命は短いけれど
いつか散り行く定めを
静かに受け入れて
だからこそ一日を大切に
懸命に咲くんだよ





ツバキ咲くつぼみ咲く
咲き落ちても 力強く咲き続けているよ



まるであなたの優しい笑顔 
私をそっと見つめているようで
いつまでも咲き続ける



いつの時代になっても 変わる事のない
ほほえみの花は咲き続け
けして散り行く事のない あなたのその温もり
いつまでも咲き続ける その温もり





「今を咲き誇る ツバキもキレイだけど 
 散り去った後も ぬくもりの花が咲いている
 幼き頃から与えてくれた母のぬくもりの様で・・・
       ・
       ・
 ツバキ咲くツボミ咲く 咲き落ちても  力強く咲き続けているよ 
 まるで貴方の優しい笑顔 私をそっと見つめている様で 
 いつまでも咲き続ける・・・」



冬の長い期間、咲き続ける強く逞しいツバキの花言葉は、

「気取らない優美さ、慎み深い、控えめな愛」 

まるで影から支え続ける母親の愛情の様。

時代がどれだけ過ぎようとも、今私達が存在するのは、母親のお陰。

そして、遺影に微笑む祖父母も、か細く年老いて行く両親も

みんな子供の成長・未来を最後の最後まで祈り続け見守ってくれています。

散り去ったツバキの一枚一枚の花びらの様に、

この逞しさと強さ、そして影で支えてくれている控えめな深い愛情に

今一度、感謝を込めたいと思い作詞した歌です。

そんな詩に小椋誠也君がとてもステキなメロディーをつけてくれました。

2009年3月18日リリース。早いものでこの歌が誕生してもう2年が過ぎました。


椿〜ツバキ〜 小椋誠也ユーチューブ 
http://www.youtube.com/watch?v=BziR49Mj1YI&feature=player_embedded

化粧師秀メッセージ写真館⇒ http://blog2.kewaishi.jp
pagetop